肥満と基礎代謝


肥満の原因が、代謝の停滞であることもあります。
基礎代謝とは、人が生きていくために欠かせないエネルギー量を指しています。じっとしていても、呼吸、消化、体温調整、血流のために人の体はエネルギーを消費しています。
体の臓器の活動によって基礎代謝分のエネルギーを使っているわけです。
加齢や体質、筋肉量の低下が原因で基礎代謝が低下します。代謝が下がることで取り入れたエネルギーが余りやすくなり、肥満の原因を作ります。
基礎代謝は男性より女性が少なく、年齢別でみると10代後半がピークでその後徐々に減っていきます。体温が低い人、発汗量が少ない人、血圧が低い人、運動不足の人などが基礎代謝が低い可能性があります。遺伝が原因で基礎代謝が低い人もいます。
加齢と共に基礎代謝が下がっているのに、若い頃と変わらないカロリー摂取量を続けていると、使い切れないエネルギーが脂肪となって肥満の原因となります。肥満の原因を取り除くには、運動不足を解消するだけでなく、年齢によって下がってきている基礎代謝に応じた食事の量はどのくらいか考えることも大事なことです。
毎日の運動や食事の見直しでも期待したほど体重が減らないという人は、基礎代謝が下がって来てるのに食べる量が変わらない。。。こりゃ、太るわ(笑)。






筋肉量の低下が原因で基礎代謝が悪くなるんだな